ママスクエアのバイト求人状況をすぐ確認できる!

ママスクエアの求人(アルバイト・パート)関連情報をご紹介しています。

ママスクエアは、子連れ出勤OKでお仕事勤務が可能なことで人気のテレビや雑誌でも話題の職場です。社内に託児所あり(付き)の職場とも違うことも特長です。

保育園不足、保育士不足による待機児童問題が注目を集めています。

そんななか、保育園不足で子供を保育園に預けられないで困っているママさんの問題を解決する画期的なビジネスモデルを提供し、人気を集めているのがママスクエアです。

新設のママスクエアが求人募集を出すと、30人募集に300人の応募があるなど、約10倍もの応募が殺到するようなケースもあるようです!

それだけ待機児童問題が深刻であるということですね。

ママスクエアの店舗は商業施設の中に出店しています。店舗内は、

  • カフェ
  • 子供(幼児)の遊び場
  • 職場

から構成されています。

すぐ出る!求人リスト

ママスクエアのスタッフバイト求人は、タウンワークなどの大手アルバイト検索サイトに掲載されることがあります。

求人情報はこちら 関東のママスクエア求人1(1/31まで)

求人情報はこちら 関東のママスクエア求人2(2016年11月28日まで)

ママスクエアのお仕事は主にコールセンター業務(テレフォンオペレーター・アウトバウンドあり)や事務系のお仕事です。キッズスペース付きのOA系・コールセンター系の派遣勤務と考えるとわかりやすいですね。

さらに詳しくお仕事情報を見ると、アンケート調査、テレアポ、入会促進、イベント受付、データ入力、音声書き起こし、伝票入力、DM・チラシ封入、梱包、チラシ折り、デバッグといったような内容を請け負っているようです。
※勤務場所により異なる場合があります。

仕組みは、ママスクエアがコールセンター業務やデータ入力などの事務系のお仕事をアウトソースしたい企業から受注します。
そのお仕事をするスタッフとして、子供を保育園に預けられずに困っているママさんを雇用して働いてもらいます。
カフェ・キッズスペースでのお仕事も当然あります!

保育園に子供を預けられずに休職している状態から現役復職ができずにいるママさんが、ママスクエアに採用されることで、ママスクエアも保育園に子供を預けられなくて困っているママさんもWin Winの関係で安心して働けるんですね。

特に東京を中心とする首都圏で深刻な問題となっている待機児童問題の解決するとても素晴らしいビジネスモデルです。

ママスクエアの店舗

  • 大宮ステラタウン
  • 京王聖蹟桜ヶ丘SC
  • イオンレイクタウンmori
  • ラスカ茅ヶ崎
  • ララガーデン川口
  • サテライト ママスクエア
  • 京王ママスクエア南大沢
  • 京王ママスクエア稲城
  • 京王ママスクエア若葉台
  • 奈良県葛城店
  • 三宮オーパ2店

ママスクエアは、現在東京、埼玉などで数店舗程度の規模で運営していますが、今後数年で100店舗程度まで出店を拡大させて行く計画です。

待機児童問題の深刻な東京都への重点的な出店は確実で、近隣県の神奈川県・埼玉県・千葉県もそれに次いでママスクエア・サテライトママスクエアの出店が多くなるはずです。

主には大型のショッピングセンターなどへの出店が中心になるようですが、企業が集中するビジネス街にも展開を積極的に推進していくでしょう。

ビジネス街に出店するのは「キッズスペース付きレンタルシェアオフィス」スタイルです。

結婚~出産で育休していたママさん社員が、職場復帰できるタイミングになっても、子供を預けられる保育園が無くてそのまま退職してしまう残念なケースも多いと聞きます。

多額の費用が掛かることから、自社内に託児所機能を設けられない企業向けに、このキッズスペース付きのレンタルシェアオフィスサービスを提供します。

シェアオフィスは近隣の企業に、必要の区画(席)数を月額いくらでレンタルし、待機児童を持つママさん社員をこのキッズスペース付きのレンタルシェアオフィス内で勤務させるというものです。働けるのに働けない優秀なママさん社員スタッフを復職させられる素晴らしいビジネスモデルですね。

保育士不足は2%給料を増やしても解決しない

安倍内閣では今保育士不足の解決策として、2017年度から保育士の給与を月額で2%上げることを決めて進めています。月額で約6,000円相当になるようですね。

しかし、このたった2%月給が増えたところで、保育士不足問題が解決するとは到底思えません。保育士の資格を持ちながらも、低賃金や過重労働が負担となってやむなく保育士をやめてしまったり、他の仕事に転職してしまった潜在保育士の方が、常識から考えても、戻って来ることはほぼ無いと言って良いでしょう。

とあるテレビの討論番組で放送していた保育士の生の声として「月の給料が仮に5万円上がっても服飾はしない」と言っていたのがとても印象的でした。

ママスクエアの子供の世話をする業務では。必ずしも保育士の有資格者である必要はありませんから、保育士不足にも特に影響されることがなくとても良くできていますね。もちろん資格保持者であれば、ママスクエアでキッズスペースの責任者的な役割を期待されるでしょう。
ご自身が潜在保育士で、現在働きたくても預けら得れる保育所がなくて困っていると言う場合ならママスクエアに採用されることで、資格・スキルを最大限活かせ働けますし、我が子を見ながらお給料がもらえるという一石二鳥の環境が手に入りますね^^

ママスクエアが周辺にない場合託児所付きのアルバイト・パート募集を探そう!

大量出店を計画中のママスクエアですが、首都圏東京都や神奈川県など、また、関西の大阪・神戸、東海の名古屋などの店舗が多くなるでしょう。

もし、近所に大型の商業施設・ショッピングセンターが出店していない場合や、オフィス街がないと、ママスクエアの出店は可能性が低くなります。

そのようなときには、ママスクエア以外でも託児所ありの職場を提供する企業のバイト・パート求人を、探してみましょう。

職種に好き好きはあるでしょうけど、保育所以外に日中に子供を預かってくれるところを探すのは難しいですから、最初から託児所付きのお仕事に絞って条件わ受け入れられる求人を探した方が早くお仕事スタートをできます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ